目が良くなる方法ドットコム

目が良くなる方法には、視力回復訓練のほか、オルソケラトロジーやレーシックによる視力回復手術などがあります。

サイトトップ > 目が良くなる手術〜レーシックやPRK、フェイキックIOL治療

目が良くなる手術〜レーシックやPRK、フェイキックIOL治療

目が良くなる手術とは、眼球の前面を操作することによって、屈折率を調整し、視力アップを実現する眼科矯正医療です。

眼球の前面とは、角膜です。
角膜は凸状になっていますが、近視が強いと、この凸がさらに大きくなっています。レーザー角膜屈折矯正手術であるレーシック治療では、エキシマレーザーによって角膜の実質部分を削ります。すると角膜の屈折力が弱くなるので、そのぶん像が網膜に届き、遠くが良く見えるようになるわけです。

目が良くなる手術には、レーシック以外に、PRK手術やラゼックがあります。これらもレーシック手術と同様に、エキシマレーザーを角膜の表面に照射して、屈折率を調整します。角膜の中央部を削れば、凹レンズのようになるので、近視を回復できます。反対に角膜の中央部以外の周辺部を削れば、より凸が強くなるため、遠視や老眼を治療できます。乱視の視力改善も可能になっています。

目が良くなる手術は、それぞれ特徴があります。
レーシック手術は、フラップを厚くとるために、光学的に安定し、術後すぐに視力がアップします。またフラップが目を保護するため、目の痛みはありません。そのかわり神経を切断するために、数ヶ月はドライアイを覚悟しなければなりません。またフラップが厚いために、削れる量が少なくなり、視力0.01という強度の近視は不適応になります。

目が良くなる手術のなかで、PRK手術はレーシックのようにフラップを作らずに、いきなり角膜表面からエキシマレーザーを照射する術式です。デメリットとしては、術後に目が痛むこと、すぐには視力が回復しないことが挙げられます。メリットとしては、術後の角膜強度が高く保たれること、手術したことがわからないくらい、きれいな角膜になること、などが挙げられます。

目が良くなる手術では、ラセックも人気があります。
ラセックではアルコールに浸してフラップを作成しますが、角膜上皮層のみの薄いフラップです。そのため角膜を削り取れる量が多くなり、視力0.1以下の極度近視にも適応できます。長所や短所は、PRK手術とほぼ同じです。

従来型のレーシック手術は、マイクロケラトームというカンナ状の器具でフラップを作成していました。似たような目が良くなる手術に、エピレーシック手術があります。これはPRK手術やラゼック手術と同じく表面照射に属する術式で、重度近視でも視力改善することができます。

最近のレーシックの主流は、イントラレーシック手術です。
これはカンナ状の器械ではなく、イントラレース・フェムトセカンドレーザーによってフラップを作成します。よって切断面が非常のなめらかで、従来のような夜間視力の低下やフラップ下の炎症が起こりづらくなっています。ただ厚くフラップを取るために、やはり視力0.01とか0.02という最強度の近視には適応できません。イントラレーシックにオプションが付いたものが、アイレーシックです。さらにその上を行く最高峰の近視回復手術がZレーシックといわれています。

目が良くなる手術を受けるさい、完全矯正してもらうのではなく、やや近視を残すという方法があります。これをコンベンショナル・レーシックといいます。40歳手前の強度近視の人は、老眼が近いため、あえて手もとが見える程度の近視に矯正することが可能です。この場合、イントラレーシックが活用できます。

目が良くなる手術には、そのほかに内眼手術であるフェイキックIOLがあります。これは白内障手術の応用であり、別名を有水晶体眼内レンズといいます。水晶体を温存したまま、人工の凹レンズを眼球内に挿入するわけですね。

フェイキックIOLの視力向上の効果はすばらしく、レーシック手術よりも、クリアな視界が得られるといいます。また視力0.01とか視力0.03レベルの強い近視であっても、視力1.2とか視力1.5にまで、視力upさせることができます。

このようにフェイキックIOLは、レーシックをしのぐかのような目が良くなる手術ですが、術後の乱視の出現や、角膜内皮細胞の減少、虹彩炎などのデメリットもあります。またメスで眼球を切り開くので、それなりの覚悟も必要です。

目が良くなる手術で注意しなければいけないのは、あくまで眼科の視力強制であり、近眼が治ったわけではない、ということです。つまり眼球の前面(角膜や人工レンズ)を操作しているにすぎず、眼球自体の長さは変わっていない、ということです。

眼球が長い軸性近視では、網膜がうすくなっており、網膜剥離をはじめ、さまざまな目の病気に注意する必要があります。目が良くなる手術をうけたあとは、急激に視力が低下しないように、目のメンテナンスを心がけましょう。

たとえば定期的に眼科の通電治療をうけたり、超音波治療器ソニマックを就寝前に照射する、あるいは遠視用メガネ(老眼鏡)を装用して、パソコン作業など近くのものを見るようにする、などが挙げられます。緑黄色野菜や果物からルテインやビタミンC、ビタミンAを、ブルーベリーからアントシアニンを摂取することも、眼病予防には大切です。

視力アップの方法とは一覧