目が良くなる方法ドットコム

目が良くなる方法には、視力回復訓練のほか、オルソケラトロジーやレーシックによる視力回復手術などがあります。

サイトトップ > 簡単な視力回復トレーニングの方法〜自宅で無料でも可能

簡単な視力回復トレーニングの方法〜自宅で無料でも可能

簡単な視力回復トレーニングの方法をご紹介します。
目が良くなる方法のなかでは、民間療法に属するといえるでしょう。

簡単な視力回復トレーニングには、視力回復センターや眼科の通電治療に通院する方法と、自宅で一人で実践する方法とがあります。通院する選択肢は、それなりの実績もありますし効果も期待できますが、ここでは自宅で簡単にできる近視の視力訓練の方法を解説します。

簡単な視力回復トレーニングというからには、自宅で毎日、持続できなければ意味がありません。また旅行などに行ったときに実践できない目の訓練では、持続性の点で問題があります。そのためネット上で高価な値段で販売されている視力回復機は、この条件にあてはまりません。

ちなみに視力回復器には、スーパービジョンやビジョンブライト、メガトレ、アイトレーナー、エコーアイトレマシンなどがありますが、眼科のワック程度の効果であり、仮性近視の視力改善に有効な程度なので注意しましょう。そのほか厚生労働省によって安全性が認可されている、超音波治療器ソニマックやミオピア、アイパワー、フタワソニックがあります。こういった器具はそれほどの大きさではないので、旅行にも持っていけるかもしれませんね。

さて簡単な視力回復トレーニングの方法とは、本来こういった器具を使用するエクササイズではなく、手ぶらで空手でもできる目の運動です。

ただしちょっとした視力回復のグッズやアイテムを使用してもいいでしょう。たとえば本屋で3Dアートの立体視ができるマジカルアイなどの、視力回復の本を購入して活用する。あるいはダイソーといった100円ショップで、穴あき眼鏡(ピンホールメガネ)を買ってくるわけです。

3Dの立体視では、画像や絵、写真を特殊な見方をします。
平行法は近視に、交差法は遠視や老眼に有効だといわれています。最初は難しいかもしれませんが、慣れれば簡単な視力回復トレーニングの方法です。しかし眼球が変形した目の症状には効果はなく、せいぜい毛様体筋の緊張を緩和したり、外眼筋を強化する程度です。

ピンホールアイマスクを使用した、簡単な視力回復トレーニングをご紹介しましょう。ただ装着しているだけでも、毛様体筋が休まり、疲れ目の解消、眼精疲労の改善に効果的です。またテレビなどの明るい画面を見ながら着用すると、虹彩筋がひんぱんに動くため、連動して毛様体筋を鍛えることができます。

そのほか視力アップアイグラスの小さな穴と、遠くの一点を見比べると水晶体体操法(遠近体操法)ができます。遠くと近くを見比べると、目の内部では毛様体筋が緊張と弛緩をくり返しますが、この目のエクササイズが毛様体筋の過緊張を解くのです。

これはべつに穴あき眼鏡がなくてもできることですが、視力0.01レベルの強度の近視の場合、裸眼では遠くが見えません。しかしアイプロテクションなどの穴あき眼鏡だと、メガネレンズなしでも遠くが見えるため、目に負担を掛けずに、遠近体操法が運動できるのです。

そのほか簡単な視力回復トレーニングの方法には、いまはやりのウインク視力回復法がありますね。片目だけで壁のカレンダーの文字や、視力表のランドルト環を凝視するというものです。目をあけたまま、その上を少し離して、手の平でおおうと目の緊張がなく近視訓練できるでしょう。片目で20秒程度、壁の文字を注視します。まばたきも忘れずに。左目が終わったら、次は右目です。両目で注視するよりも、片目ずつ凝視したほうが、視力アップにはより効果があります。

簡単な視力回復トレーニングの方法には、外眼筋に着目した目の運動もあります。いわゆる眼筋トレーニングですね。これはとても簡単で、自宅で無料でもできます。いわゆる目を速く動かす訓練であり、動体視力のトレーニングでもあります。そのためスポーツの上達、運転技術の向上、速読術の習得などの副次的効果があります。

眼筋トレーニングのやり方は、簡単です。
たとえばパソコンの四隅を視点移動します。左上、右上、左下、右下、そして左上に戻ります。これを10秒間、できるだけ速く動かすのです。それ以上の時間連続して目を動かすと、目の筋肉痛になるので要注意です。かならず10秒以内にして、それを何セットかにわけてくり返します。目の前に人差し指を2本立て、それを交互に10秒間見比べてもいいでしょう。横に動かしたら、縦にも動かします。これは速読の訓練でもあります。

このように工夫次第では、簡単な視力回復トレーニングの方法は実行可能です。視力回復サプリメントなどから、しっかり目の栄養素を摂取した上で行なうと、より効果的です。また目のツボ指圧、強いまばたきなどを併用すると目の血行がよくなり、急激な視力低下の予防効果もあり、相乗効果が期待できます。

視力アップの方法とは一覧