目が良くなる方法ドットコム

目が良くなる方法には、視力回復訓練のほか、オルソケラトロジーやレーシックによる視力回復手術などがあります。

サイトトップ > 目が良くなる画像〜3Dマジカルアイの絵や画面を立体視

目が良くなる画像〜3Dマジカルアイの絵や画面を立体視

目が良くなる画像は、今や巷で人気があります。

その背景には、パソコンやゲーム機の普及によって、今まで以上に目を酷使するようになって、誰もが急激な視力低下の危険を感じているからですね。目の疲れとは、誰でも無縁ではいられなくなってきているのです。

目が良くなる画像というのは、3DアートのCGとか写真であり、とても美しいものです。こうしたイラストを特殊な見方をすることによって、立体的に浮き出てきて、とても心洗われる瞬間ですね。疲れ目の解消だけではなく、精神的なストレスの解消にもなるところが、現代にマッチしていて人気を博しているわけです。

ただしこうした目が良くなる絵に、過度の期待は禁物です。
マジカルアイやマジックアイ・エクササイズで視力訓練したからといって、視力0.1以下の強度近視が視力回復するわけではありません。ましてや視力0.01レベルの極度近視は、ステレオグラムでは視力アップしないでしょう。

目が良くなる本は、ほかの眼筋トレーニングとか遠方凝視訓練と並行して行なうことで、相乗効果となり、スパイスのような役割を果たすのです。このように近視改善トレーニングでは、いくつかの目のエクササイズを組み合わせるという考え方が大事です。東京視力回復センターでは、室内凝視訓練法をメインに、アイトレーナーや超音波治療器ソニマックも活用しているように・・・。

さて目が良くなる画像・壁紙は、平行法とか交差法という特殊な見方をします。それによって一見平面に見えるイラストなり写真が、浮き出て見えてくるわけです。すると立体視できるだけではなく、そのなかに隠された図形が現れてきたりします。

立体視には、本来のステレオグラムである2枚の同じ写真を並べたものと、1枚の写真のタイプとがあります。平行法ではその名の通り、目を並行に開くようにします。これは近眼の人に適した視力回復トレーニングです。ただし、その効果は疲れ目の解消とか、眼精疲労の予防、幼児や小学生の仮性近視の改善程度だと思われるので、過度に期待しないようにしましょう。

目が良くなる絵を、交差法によって見る方法もあります。
交差法とは、その名の通り目を交差させるやり方です。コンピュータグラフィックや写真の手前で、視線を交差させます。画像の手前に指を立てて、それを見つめ、それができたら指をそっとはずせば、交差法の目の状態になります。

交差法は、近視の人が行なうと、視力が落ちる危険性があります。近視の人は、普段寄り目になることが多いので、より視力が悪くなる可能性があります。交差法は、近くを見ることが困難な遠視や老眼の人が視力改善訓練するといいでしょう。この場合も、軸性遠視や進行した老眼の場合、効果が感じられないことがあります。過度な期待はしないことです。

目が良くなる画像は、パソコンソフトでも販売されています。
「目がホリデー」とか「ストレッチアイ」といった、いわゆる視力回復ソフトです。目が良くなるサイトもあります。こういったサイトを、お気に入りに入れてもいいですね。目にいい動画もあります。

目が良くなるソフトでは、視力回復の本と違って、画像を拡大縮小できますし、癒しのBGMが付属していたりします。なんといっても重宝するのは、タイマーが付いているので、どんなに忙しいパソコン作業の合間でも、忘れることがないという点です。視力のソフトが自動起動して、目がよくなる画面が現れます。

目が良くなる画像は、おもに外眼筋に着目し、これを操作することによって、おとろえた外眼筋を鍛える目のエクササイズです。近くの画像を見ながら、あたかも遠くを見続けているような目の使い方ができるということがメリットです。外眼筋の動きにともなって、毛様体筋も連動して動くとするならば、目が良くなる画像は、視力の向上にとても効果的なアイテムといえるでしょう。

視力アップの方法とは一覧